静か農園の循環型自然農法。

どうも、静か農園の農場長石田です。

僕が農業を始めた理由、色々ありますが。

皆様に美味しくて安全な野菜を食べてほしいから。

子供のころ、野菜を食べると吐き気がしていました。だから、野菜が嫌いだと思っていました。

しかし、大人になって無農薬の野菜を食べて、余りの美味しさに感動したのを覚えています。今まで食べてきた野菜は何だったのかと。

(無農薬であれば、どの野菜でも美味しいというわけではありません。)

野菜嫌いの子供が増えてきたといわれていますが、原因は野菜のせいじゃないのではないか。作り方に問題があるのではないか?と思うようになってきました。

そこで、誰でも美味しく食べられる野菜をつくれるように追求した結果、”畑の微生物を最大限に活かす”という農法にたどりつきました。

今回は、《静か農園ではどのような方法で野菜を育てているのか?他の野菜と何が違うのか?》を説明させていただこうと思います。(炭素循環農法を参考にしていることを断っておきます。より詳しく知りたい方はそちらのHPをご覧ください。)

1.栽培期間中農薬不使用

静か農園では、栽培期間中農薬は一切使っておりません。栽培期間中というか、僕が畑を使うようになってから一度も使っておりません。(近隣の畑にまいた農薬が飛んで来ている可能性はありますが。)昨今、農薬が身体に悪いとか悪くないとか、ネオニコチノイド系の農薬がミツバチ消失の原因だとかそうじゃないとか、環境に悪いとか悪くないとかいう議論があるのは、ご存知のことかと思います。ここでは、農薬は悪いと言いたいわけではありません。皆様方が、情報を集めて判断されればと思います。

それでは、【静か農園はなぜ農薬を使わないのか?】

それは、農薬を使わなくても野菜は問題なくできるからす。

農薬を使わないと、虫食いだらけ、病気だらけになってしまうから仕方なく農薬を使わなければならないと思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、そうではありません。野菜が健康であれば、虫食いにもなりませんし、病気にもなりません。なので、農薬を使う必要はないのです。

2.栽培期間中化学肥料 有機肥料不使用

静か農園では、化学肥料は一切使用しておりません。(僕が畑を使う前に誰かが使っていた肥料分が土の中に少し残っている可能性はあります)一般的に、植物の三大栄養素は「窒素・リン酸・カリウム」といわれており、大体一般的な化学肥料の袋の裏を見てみると、「窒素・リン酸・カリウム」がどれくらいの量、どれくらいの割合で入っているのか書いてあります。農家さんは、大体、この数値を見て、計算しながら、畑に入れる量を決めているそうです。

・・・そうです。と書いたのは、僕は一度も計算をしたこともなければ、化学肥料を畑に入れたこともないからです。植物に必要な元素は、上記の3種類(窒素、リン酸、カリウム)のほかに、14種類、全17種類あるといわれてます。(炭素、カルシウム、マグネシウム、硫黄、鉄、亜鉛、銅...など)。

では、【静か農園では、肥料を与えずに、どうやって野菜を成長させているのか?

すべて、野菜と共生関係にある土壌微生物にお任せしています。

野菜が光合成をするのは、ご存知かと思います。野菜は光合成をして、水と二酸化炭素から、炭水化物(糖類)を合成しています。そして、植物はその合成した糖類を根っこから放出して、根っこの周りにいる微生物に与えているのです。数百種類いる微生物は、その栄養分を植物からもらう代わりに、植物が必要な栄養分を土の中からとってきて、植物に与えるのです。

肥料分を計算して野菜に与えるより、微生物に任せるほうが効率が良いと思いませんか?そして、これらの微生物は菌類(キノコの中間)が多いので、残念ながら、窒素分やリン酸の多いところでは生きていられないのです。つまり、下手に肥料を与えて窒素分が多すぎる土にしてしまうと、植物に栄養分を供給してくれる微生物を殺してしまうことになるわけです。

さらに、窒素分が多すぎると、硝酸態窒素が生成され、野菜の虫食いや病気の原因になると考えられています。つまり、肥料分が多すぎると不健康な野菜になるわけです。だから、化学肥料を使いすぎれば、虫食いが来るのはある意味、必然なわけです。

化学肥料を使わずに、微生物を活かした農法では、野菜は健康に育ち、虫食いもなく病気もなくなる。だから、農薬を使う必要がなくなるということです。

3.微生物の力を最大限に活用

農薬も化学肥料も使わずに野菜を育てるためには、土壌微生物の力を最大限に利用しなければなりません。

土壌微生物を活かすためには、とにかく、畑の中に酸素を供給することを最優先しなければなりません。なので、静か農園では高畝にして、根っこや土壌微生物に酸素を供給することを意識して、野菜を栽培しています。また、微生物のエサとして、夢前町の落ち葉や、木材チップ、モミガラ、雑草などを供給しています。

 

以上が静か農園の野菜の作り方です。この農法で皆様に、美味しい安全な野菜がお届けできると実感しています。是非一度、食べていただければ違いがわかっていただけると思います。

静か農園長 石田より


Posted in 静か農園ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です