明後日朝顔に取り組んで6年目

静かな向かい風は、アーティスト「日比野克彦」氏の『明後日朝顔プロジェクト』に参加6年目になります。初めの3年間は北の農園に朝顔トンネルを作っていましたが、後の3年は場所を南の畑に移し杉の木に向かって伸びる「朝顔タワー」にしています。中に入る道も作っていますので中から見上げることもできます。ぜひお越しいただき中に入ってみてくださいね。ただし朝顔は朝にしか咲きませんのでご注意を!今年の開花時には自家製野菜や卵のモーニングセットもしようかと思考中です。乞うご期待! 「写真/上段」

明後日朝顔プロジェクトの始まりは新潟県十日町市莇平で2003年第2回大地の芸術祭越後妻有トリエンナーレです。「人と人を」「地域と人を」「地域と地域を」つなげる共生の種として、全国で育てられているアート活動です。年一回「全国明後日朝顔会議」が開かれ今年は姫路の番です。姫路美術館での「日比野克彦展」(9月18日~11月7日)や年間を通しての「日比野克彦イン・レジデンス@書寫山圓教寺」もあります。6月6日には書寫山圓教寺摩尼殿での苗植えも行われ「静かな向かい風」の苗も10株植えてきました。「写真/下段」

他にも「日比野克彦」関連の催しもいろいろ企画されているみたいで姫路は盛り上がってきています。朝顔の咲く頃、皆さま書写山に朝の間に登ってみてくださいね。その際には「静かな向かい風」の朝顔もさがしていただけると嬉しいです。


Posted in オーナーブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です