たまごかけご飯や

営業時間 土・日のみ営業(予約不要)
11:30 ~ 14:00

Menu

 料理
セットすじ肉うどんと黄斑(おうはん) 750円
セットすじ肉うどんとネラ 800円
セットすじ肉うどんとアローカナ 850円
セットすじ肉うどんと烏骨鶏 850円
単品黄斑(おうはん) 280円
単品ネラ 300円
単品アローカナ 400円
単品烏骨鶏 500円
単品すじ肉うどん  600円
単品有機野菜カレー 850円

※内容は予告なく変更することがございます。あらかじめご了承下さい。

コンセプトは、できた野菜や卵を『まんまを食す』こと

農業をはじめて、3年目に、野菜が随分と収穫できたことで、加工をせず、できた野菜や卵を『まんまを食す』というコンセプトで、スタートしました。鶏3種類 アローカナ・烏骨鶏・ボリスブラウンの有精卵をチョイスしていただく “卵掛けご飯” の専門店です。

有機野菜をトッピングした “すじ肉うどん” も好評です。しかしながら、農業 自然の厳しさは、本当に凄いのです。
平飼いで鶏を飼っているのですが、最近は、きつねまでもが、鶏の住処(すみか)をねらい、お昼でも、狙いにくるのです。
勿論、お野菜やお米も獣は 狙いにきますし、合鴨農法の合鴨も毎年、何羽かは、獣の犠牲になります。
そんな風に苦労して収穫した食材を そのままの形で、できるだけシンプルにご提供するのが 卵掛けご飯屋さんです。

とり3

農業の現実や、時代の背景、環境、健康など、様々な要因が渦巻く今の時代だからこそ、6次産業をできる環境にある卵掛けご飯やさんだからこそ、もっと、感動いただける事があると模索しています。

小さい頃は、母が、味噌・甘酒を作っていました。なにも知らずに食していた訳ですが、今になって、なんて贅沢な時代だったのだろうかと思います。

 

防腐剤や着色料くらいは避けて食材選びはしていたものの、なんとなく身体に良い というくらいの意識しかなかった事に愕然としています。

6次産業をめざすなら、大豆を栽培し、味噌もつくる。甘酒もつくる。
という事で、卵掛けご飯屋さんは、少しずつメニューが増えていく予定です。